ボーナスの割合に注意

ボーナスの割合は指定されているので、勝手に自分で変更することはできませんし、支給されている範囲でボーナスを使っていくことになります。入金の場合は100%返ってくることもあるので、単純に倍に考えてもいいのですが、あまりにも多く入金すると割合が変更されてしまい、半分くらいに抑えられていることも多々あります。

100%は300ドル位までが限界とされている

割合として、300ドル位までは問題なく100%ボーナスを実現してくれることが多いのですが、それ以上になると100%ボーナスにならない傾向が強く、結果的に減らされていくような形です。300ドルというのは1つのラインとして設定されていることが多いので、このラインをしっかりと考えていくとボーナスについて理解することができます。
もし沢山もらいたいと思っているなら、300ドルをベースとしてまずは考えるようにしてください。これを1ドルでもオーバーすると、次の範囲に入ってしまい100%から外されることとなります。たくさんもらえて手軽に利用できる範囲は300ドルだと思ってください。

1000ドル位からさらに下がるようになる

次に割合が下がってくるのは大体1000ドル位からとされていて、これ以上の数字になっていると更に割合を下げるようになります。次は上限500ドル位のボーナスに指定されていることが多いのですが、1000ドルを超えると更に割合的に下げるようになり、入金している金額に対してあまり増やすことができないような状況になってしまいます。
更に落とされるような状態になってしまうと、入金した割合に対して明らかに小さいような金額しか受け取れなくなってしまうのです。こうした状態は嫌なものですし、なるべくなら多く受け取れるような状況は作りたいので、300ドル位を目安にしながら1000ドル以内の範囲に抑えておくといいです。

多くのオンラインカジノは2000ドル位までしか対応していない

入金する額については、2000ドル位までの対応にすることが多くなっていて、これ以上の額を入れてしまうとエラーが出ることもあります。ボーナス自体も変化してしまうので、分散して行う方がいいです。
オンラインカジノの入金サービスについても、かなり変化しているところがあります。少しでもその変化を考えながら行動していくことと、なるべくなら金額的に安定しているラインを作っておくことが大事です。